記事

金属を鋸で切るには?

金属を鋸で切るには?

目次



次のプロジェクトで金属の切断を行う場合、この一見不浸透性の素材をどのように見通すのか疑問に思われるかもしれません。ブリキの切り取りや古き良き金属製の切断のこぎりなど、手に入る道具は数多くありますが、これらの道具は頻繁に使用するには実用的ではなく、きれいな結果が得られず、忍耐力とエネルギーを必要とします。

その代わりに、あなたは仕事に取り組むために特別に設計されたカッティングソーの購入を検討する必要があります。ここをクリックして 完全なレビューを見る 最高の製品の。金属を切断するために設計された鋸は、丸鋸、チョップソー、マイターソー、 バンドソー 、往復のこぎり。これらのツールの使用方法とパフォーマンスは異なる場合がありますが、それらの共通点は、ほとんどすべての金属材料をすばやく簡単に見通せることです。



アプリケーションを検討する

今日、さまざまな種類のカッティングソーが販売されています。それらはすべて金属を切断することができますが、ほとんどは特定の用途に最適な特定の品質を備えています。

金属切断のこぎりは、鉄筋、鉄骨、パイプ、導管、板、山形鋼など、ほとんどすべての材料を切断できる特殊なこぎりであり、さらに重要なことに、使用前に仕上げを必要としない均一な切断を実現します。ただし、多様性、パワー、ブレードのレベルが異なるため、すべてが同じように作成されているわけではありません。

チョップソーとサーキュラーソー

チョップソーと丸鋸は、最も用途の広い金属切断ソーであり、幅広い用途に対応できます。ほとんどは、正確な角度で金属を切断できるベベル機能を備えています。彼らは、最小限の労力と優れた結果で金属材料を切り刻むかスライスする回転する金属切断刃を使用します。

バンドソーとレシプロソー

バンドソーとレシプロソーはより専門的です。レシプロソーは非常に柔軟で、届きにくい場所に入ることができます。しかし、ブレードの前後のソーイング動作により、解体プロジェクトに最適です。

帯鋸は、電気技師や配管工の親友と見なされることがよくあります。切断深さは通常5インチと狭いですが、携帯用に設計されており、パイプ、鉄筋、山形鋼などの長く重いストックの切断に依存しています。

金属切削ブレード

メタルソーの走行は、金属の切断に理想的なブレード速度(RPM単位)を生成するモーターによって駆動されます。それらは金属の切断刃と組み合わせて使用​​されます。カットする材料に最適なブレードを選択する必要があります。

刃数が少なく、間隔が広いブレードは、アルミニウムなどの軟質金属の切断に最適です。刃数が多く刃間の間隔が狭いブレードは、鉄や鋼などのより重い素材を切断するのに最適な、より薄い切断を行います。

ミネラルグリットでコーティングされた研磨ディスクもあり、熱の蓄積に耐え、金属をすっきりと見切ります。覚えておかなければならないのは、大きな歯のある深い歯の間に木の刃を使用しないことです。これらの刃は木材用に設計されているため、ワークピースと刃に損傷を与える危険があります。

結論

金属の切断は、他の材料を切断するのと同じくらい簡単です。それは単に、あなたが何をしようとしているのか、そしてどのタイプの鋸がその用途に最も適しているかを知ることを要求するだけです。あなたが切り通そうとしている金属のタイプを考慮し、それに応じてあなたの金属カッティングソーとブレードを選択することを確認してください。これにより、クリーンで正確なカットをすばやく作成できます。